看護師として東京五輪

看護師として2020年の7月から9月にかけてオリンピックとパラリンピックに参加したい。
関わっていきたいと思ったあなた。
一生に一度あるか無いかの国内でのオリンピックです。


看護師がどのようにオリンピックに参加することができるのでしょうか。
看護師として東京オリンピック、パラリンピックなどの国が関わる事業は医師会や看護協会に仕事依頼という形で連絡が着て選別されます。
希望者というのは大変多く、募集をかけるとすぐに定員をはるかに上回る人数が希望するのは間違えありません。
また、採用される看護師は多くの経験を持つ方、能力のある方、語学が堪能である方が選ばれます。


今からそのキャリアを積む、語学の勉強をしたとしても選ばれる可能性というのはとても難しいと言えます。
医療に関しては東京オリンピックでは提携する病院というのは決まっていて、オリンピック病院と協力病院との2つに分けられます。
オリンピック病院は参加する選手・関係者のために選定される病院。
東京海上に近い病院が10個選ばれています。
地域が東京以外の病院が協力病院となります。
これは東京オリンピックと言っても宮城や埼玉、横浜などで行われる競技もあるからです。


オリンピックにどうしても関わりたいと思った場合はこのオリンピック病院と言われる東京付近の病院か、オリンピックの協力病院に 就職をしておくという方法が一番参加しやすい方法と言えます。
2020年が近づくにつれて、同じことを考える看護師は増えます。


本気で看護師として関わりたいと願うのであれば一日での早く行動を移すことが有利と言えます。


Copyright © 2014 オリンピックで看護師として働くには All Rights Reserved.